【Illustrator】イラレでカンタンに盾を作る方法【エンブレム】

イラストレーターで盾を作る方法

学習中のカメ

AdobeのIllustratorを使って盾を作ってみたいな〜
今回もイラレで図形を使って着実に作っていこう

学び続けるウサギ

学習中のカメ

うん、頑張ってカッコイイ盾を作ってみる♪

今回は、AdobeIllustrator CCを使ってイラストやバナー・エンブレムロゴなど様々なシーンで使える(シールド)を作っていきたいと思います。

イラレで図形を使って盾(シールド)を作る方法

  • 正方形で盾の形を作ることができる
  • コーナーウィジェットを移動させる

AdobeのIllustrator CCを開いて長方形ツール(M)で正方形を作ります。

今回は200px × 200px の大きさで作りますが幅と高さが同じなら好きなサイズでOKです。

ダイレクト選択ツール(A)にて正方形の下部のアンカーポイント2箇所を囲む感じでドラッグして、コーナーウィジェットを選択してそのままめいっぱい縮めて円形にします。そして塗りと線を調整していきたいと思います。

線は10pxで、塗りと線は好きな色をつけていきます。今回はグレー系で作っていきます。

 

曲線ツールにて円形にした箇所の中心のコーナーウィジェットを下に動かします。その後、もう一つ重なっていたコーナーウィジェットがあるので同じ位置にドラッグしてもってきます。

次に曲線ツール(shift + `)で上部の中心部分をクリックしてアンカーポイントを作ります。そしてクリックしたアンカーポイントを曲線ツール(shift + `)で少し持ち上げて形を整えて完成です。

細かく調整したい場合は、定規を使って正方形の中心部分にガイドラインを引いておくとやりやすいです。

そしてオブジェクトを選択したまま、オブジェクト → 変形 ▶︎ 拡大縮小 で縦横比を固定で80%に縮小コピーします。そして前面に作ったオブジェクトの線を4pxにします。

11

あとは、盾に好きな文字を入れて完成です。

学習中のカメ

イラレで盾が簡単にできた〜♪ 楽しいね〜♪

盾に高級感を出す方法

前面に縮小コピーする前の⑧の状態で、盾の真ん中の上部のアンカーポイントをアンカーポイントツール(shift + C)でクリックします。

高級感を出す方法3

そしてアンカーポイントを曲線ツール(shift + `)でクリックしてから上部にドラッグします。

高級感を出した盾

あとは先ほどと同じく80%に縮小コピーしてテキストを入れて(⑨・⓾)出来上がりです。

 

盾にグラデーションをかけて金属感を出す方法

先に縮小コピーした盾からカラーリングしていきます。塗りは上記の⑬の線形のグラデーションにして、線は⑭の線形のグラデーションにします。

金属感のある盾

そして後ろ側のオブジェクトにも同じ効果を適用させて出来上がりです。

学習中のカメ

なんでも跳ね返しそうな鋼鉄の盾ができた〜、装備してみたいな♪ エンブレム感が出てきたよ〜♪

まとめ

今回はAdobeのIllustrator CCを使った盾(シールド)の作り方をご紹介してきました。

盾は図形を重ねてカンタンに作れるので覚えておくと便利ですね。

他にもアドビのイラストレーターを使っての作り方などの記事もありますので参考にしてみてください。

ぜひ、盾を作ってイラストやポスター、バナー、エンブレムロゴなどにアレンジして使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。