【切り抜き】Photoshopで簡単に画像を切り抜こう【合成写真】

photoshopの画像の切り向き方法のタイトル

フォトショで画像を切り抜きたいカメ

AdobeのPhotoshop CCで画像を切り抜きたいな〜
シンプルな被写体なら簡単に切り抜くことができるからやってみよう

学び続けるウサギ

フォトショで画像を切り抜きたいカメ

うん、切り抜いてみる〜♪

「Photoshopで画像を切り抜きたい」

 

「ちょっとしたアイテムを追加する合成写真を作りたい」

上記のように思われる方などに役立つ記事になっています。

今回はAdobePhotoshop CCを使って簡単な画像の切り抜きをしていきたいと思います。

Photoshopで簡単な画像を切り抜こう

まずはAdobeのPhotoshop CCを立ち上げて開くから切り抜きたい被写体の画像を選択して用意します。

photoshopの画像の切り向き方法1

今回は切り抜きやすいサボテンを切り抜いていきたいと思います。

切り抜きたい画像と背景のコントラストの差があるものや、被写体が複雑で細かくないものは簡単に切り抜くことができますね。

左側にあるツールバーの中のオブジェクト選択ツール・クイック選択ツール・自動選択ツール(W)などの欄をクリックして上部のオプションバーに出てくる被写体を選択、もしくは選択範囲→被写体を選択をクリックします。

クリックするだけで良い感じに被写体が点滅する線で囲われて選択してくれます。

自動で選択してくれるので楽で良いですね笑

photoshopの画像の切り向き方法6

細かい部分を調整したい場合は、上部にあるオプションバーにある選択とマスクをクリックしてパネルから微調整をしますが今回はこのままで切り抜きます。

 

うまく選択できなかった箇所

うまく被写体が選択されなかった場合は、クイック選択ツール(W)でクリックかドラッグをしながら選択範囲を調整します。

ツールバーのクイック選択ツール(W)を選ぶと出てくるオプションバーの横にある100などの数値をクリックすると、数値を調整できるので細かい部分は小さくして調整します。

選択範囲がはみでてしまった場合などはで範囲を消すことができます。

+と−を使い範囲を調整していく感じです。

オプションバーやツールバーが表示されない時は、ウィンドウ → 「オプション」や「ツール」にチェックマークを入れると表示されます。

表示されないときはチェックマークが入っているかどうか確認してみましょう。

被写体を選択できたらウィンドウ →レイヤーからレイヤーパネルのベクトルマスクを追加をクリックします。

あとは背景透過のPNGで書き出せば完成ですが、今回は他の画像の中に入れて完成させます。

photoshopの画像の切り向き方法7

レイヤー → スマートオブジェクト ▶︎ スマートオブジェクトに変換からスマートオブジェクトにしてサイズ調整しながら合成して使えます。

photoshopの画像の切り向き方法8

ファイル → 開くで切り抜いた被写体を入れたい画像を用意します。

今回は木目調のナチュラルな部屋の画像を使いたいと思います。

photoshopの画像の切り向き方法9

被写体の画像に戻りスマートオブジェクト化させた被写体をコピー(command + C)して、用意した画像の上でペースト(command + V)します。

ちょっとサボテン が大きすぎるので小さくします。

合成した写真

数値を入れたりoptionキーを押しながら画像の角をドラッグしてサイズを整えて完成です。

テービルの上にサボテンをさりげなく置きました。

フォトショで画像を切り抜きたいカメ

切り抜いて合成するの楽しいね〜♪

まとめ:Photoshopで画像を切り抜いて楽しもう!

今回はアドビのPhotoshop CCを使って簡単に画像を切り抜いてきました。

他にもハートなどの作り方をPhotoshopでハートの形を作る方法でご紹介しております。

フォトショップで画像を切り抜けると合成写真が作れるようになり、バナーやサムネイル画像、ポストカードなどを作ることができるようになります。

ぜひ、参考にしていただき画像を切り抜いてみてください。

Adobe CCのタイトル画像【コンプリートプラン】Adobe CCを安く使う5つの方法【Creative Cloud】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。