記事内に広告を含みます

【できること】AdobeCCのコンプリートプランを楽しもう【アプリ一覧】

AdobeCCタイトル

AdobeCCが気になるカメ

AdobeCCのコンプリートプランって何のアプリが入っていて、何ができるんだっけ?
アドビのAdobe CCコンプリートプランはデザイン・動画編集とかさまざまなことができるアプリが入ってるよ

学び続けるウサギ

AdobeCCが気になるカメ

セットになっていてお得だよね♪ 詳しく教えてよ〜

「Adobe CCコンプリートプランのアプリは何が入っていて何ができるんだろう?」

 

「普段使ってないアプリがあるけど何ができるんだっけ?」

 

「イラレやフォトショはだいたいわかるけど、他のアプリの機能も知りたい」

上記のように思われる方に役立つ記事になってます。

今回はAdobeAdobe CC コンプリートプラン製品についてご紹介していきたいと思います。

多くのAdobe CCユーザーの方が使うソフト(アプリ)はイラレ・フォトショ・プレミアなど決まっていると思うのですが、Adobe CCのコンプリートプランはさまざまなクリエイティブなことができ、とてもお得なプランですね。

Adobe CC コンプリートプランの製品構成(内容)としては、現在27製品(前後します)がセットになっており、それぞれ何ができるのか解説していきたいと思います。

Adobe CCのお得情報

Adobe CCを安く使う5つの方法 ※通信講座付きもあり

Adobe CCを安く使う方法 Adobe CCコンプリートプランを安く使う5つの方法【Creative Cloud】

AdobeCC(アドビクリエイティブクラウド)を使ってできること一覧

やりたいことから基本的にどのAdobeCCのアプリを使えばいいのかを見ていきたいと思います。

AdobeCCを使用してできること Adobeアプリ名
ロゴ・名刺・チラシなどを作りたい Illustrator
画像加工・編集・バナー制作したい Photoshop
外出先でスマホで画像編集したい Photoshop express
スマホで撮る写真を最適化してほしい Photoshop Camera
クラウド上・あらゆるデバイスで画像編集したい Lightroom
Web上からLightroomにアクセスして画像編集したい Lightroom web版
画像をハードドライブに保存し編集したい Lightroom Classic
描画・ブラシで絵を描きたい Fresco
本格的に動画編集・YouTube動画を制作したい Premiere ProAfter Effects
外出先でスマホで動画編集したい Premiere Rush
全ての画面で再生できるビデオファイルを出力したい Media Encoder
Webデザイン・ワイヤーフレームを作りたい XDPhotoshop
本・冊子などのデザインをしたい InDesignIncopy
アニメーションをデザインしたい Animate
リアルタイムでアニメーション制作したい Character Animator
レスポンシブなど楽々コーディングしたい Dreamweaver
3Dコンテンツを作りたい Dimension
オーディオ(音声)コンテンツを作りたい Audition
アセットを一元管理したい Bridge
AR(拡張現実)を体験・制作したい Aero
スキャンしてPDFを作成したい Adobe Scan
署名したい Fill & Sign
スマホで撮って素材に変換したい Capture
PDFを表示させたい Acrobat Reader
PDFを作成・編集したい Acrobat Pro
簡単にコンテンツを作成したい Adobe Express
生成AIを使用してコンテンツを作りたい Adobe Firefly

AdobeCCが気になるカメ

AdobeCCがあればクリエイティブなことがほとんどできるんだね♪

全て使いこなすには長い道のりかもしれないけど..

Adobe CCを安く使う方法 Adobe CCコンプリートプランを安く使う5つの方法【Creative Cloud】

Adobe公式 ▶︎

AdobeCC(アドビクリエイティブクラウド)に入っているアプリ一覧

Illustrator(イラストレーター )

Illustrator(イラストレーター )

画像出典:Adobe

Illustrator(イラストレーター )はWeb・ビデオ・モバイル・印刷などに使う高品質なイラストやアートワークを作成することができます。

POINT
  • グラフィックデザイン
  • ロゴ・アイコン・名刺作成
  • フライヤー・ポスター作り

ロゴや名刺、ポスターなどを作ることができますね。

ベクター形式(ベクター画像)なので、拡大縮小しても解像度を落とすことなく画質が劣化しないので、小さな名刺のロゴから大きな看板などまで幅広いサイズに対応できます。

図形を使って簡単なオブジェクトも作ることができ使っていて楽しいアプリですね。

AdobeFireflyのAI技術の生成再配色で色を自由に変えることもできます。

iPad版Illustratorにも使えるので、ベクターブラシなどで描いたものをクラウドドキュメントとして同期でき便利です。

AdobeCCが気になるカメ

自分のロゴと名刺を作りたいな♪

半円を作る方法のメイン画像 【Illustrator】イラレで半円を作る方法【Adobe】

Adobe公式 ▶︎

Photoshop(フォトショップ)

PhotoShop(フォトショップ)

画像出典:Adobe

Photoshop(フォトショップ)は、画像編集ツールになります。

画像の加工や補正や、Webデザインなどをすることができますね。

POINT
  • 写真を加工できる
  • 切り抜きが簡単にできる
  • Webデザインに使える
  • AI技術で画像生成できる

画像編集・Webデザイン・バナー制作などに使うことができます。

画像の切り抜きや合成はPhotoshopの得意分野ですね。

Adobe FireflyのAI技術の生成塗りつぶしや生成拡張を使い画像生成することもできます。

さらにPhotoshopのWeb版も使えるようになりお手軽に画像編集ができます。

AdobeCCが気になるカメ

フォトショップは画像編集の鉄板のアプリだよね

photoshopの画像の切り向き方法のタイトル 【Photoshop】フォトショで簡単に画像を切り抜こう【切り抜き写真】

Adobe公式 ▶︎

Photoshop Express

Photoshop express

画像出典:Adobe

Photoshop Expressは外出先でも写真を編集し作品を仕上げることができるモバイルアプリです。

POINT
  • ワンタッチ変換
  • 外出先で制作・編集できる

ワンタッチ変換することができて、オプションでプレミア機能を追加すると高度な編集をすることができます。

対応OS Windows、iOS、Android対応

Adobe公式 ▶︎

Photoshop Camera

Photoshop camera

画像出典:Adobe

Photoshop Cameraは、写真を撮るときに最適なレンズやフィルターを提案してくれるインテリジェントなモバイル用カメラアプリです。

POINT
  • 写真を撮る前・撮った後にも適用できる
  • 自撮り・食べ物・風景など幅広く華やかに撮れる

景色なども華やかにできるのが楽しいアプリですね。

対応OS iOS、Android対応

Adobe公式 ▶︎

Lightroom(ライトルーム・1TB)

Lightroom(ライトルーム)

画像出典:Adobe

Lightroom(ライトルーム)は、さまざまなデバイスで写真を「作成・編集・保存・整理・共有」することができるクラウドサービスになります。

Photoshopと比べると操作が簡単でAIノイズ除去機能が便利です。

POINT
  • 使いやすいツールで写真を加工できる
  • 初心者でも扱いやすい
  • AIノイズ除去が使える
作業できる場所 デスクトップ・モバイル・web対応
オリジナルの場所 クラウド上
使いやすさ 初心者◎

クラウド上の保存になり、初心者の方でも扱いやすいのがPOINTですね。

Adobe公式 ▶︎

Lightroom web版

Lightroom web版

画像出典:Adobe

Lightroom web版は、WebブラウザからPhotoshop Lightroomの写真にアクセスして、編集、整理、共有することができます。

POINT
  • 編集・整理・共有できる
  • Lightroomの機能の一部
  • AIノイズ除去が使える

Adobe公式 ▶︎

Lightroom Classic

Lightroom Classic

画像出典:Adobe

Lightroom Classicは、デスクトップPCに最適化されたアプリでデスクトップ版の編集ツールをすべて備えています。

作業できる場所 デスクトップのみ
オリジナルの場所 ローカル・ハードドライブ
使いやすさ 難しめ
POINT
  • PCなどローカルのハードドライブに保存できる
  • カラー調整・不要なオブジェクト削除などができる
  • AIノイズ除去が使える

フォトグラファーなどのプロ向け編集ツールになります。

Adobe公式 ▶︎

Fresco(フレスコ)

Fresco(フレスコ)

画像出典:Adobe

Adobe Frescoは、主にベクターブラシ・ピクセルブラシ(ラスター)のコレクション、ライブブラシによってペインティング・描画することができます。

POINT
  • 絵を描くことができる
  • ベクター・ピクセル・ライブブラシを使い分けできる
  • Photoshop・Illustrator iPad版とも連携できる
  • iPhoneでも使用できる

さまざまなブラシでipadなどを使い、どこでも気軽に絵を描くことができますね。

iPadだとApple Pencilなどスタイラスペンを使って楽しむことができます。

iPadなどで描いたFrescoのベクターデータをPC版Illustratorに送り編集することもできるので重宝してます。

AdobeCCが気になるカメ

iPadでお絵描きしたいな♪

Adobe公式 ▶︎

Premiere pro(プレミア)

Premiere pro(プレミア)

画像出典:Adobe

Premiere pro(プレミア)は、動画編集ツールになります。

モバイル・8k・VRなどのスクリーン向けの映像コンテンツを制作することができます。

POINT
  • 動画編集
  • 映像制作
  • Photoshop・AfterEffects・Auditionなどと連携

YouTube用などに動画をカット編集しテロップ(文字を表示)BGMを入れた本格的な動画を作ることができます。

動画のいらない部分をカットして、トランジションで動画同士を綺麗につなぎ合わせることが簡単にできるのが便利で楽しいですね。

音声テキスト変換の自動文字起こし機能を使い字幕を入れることや、動画の容量を調整したりすることもできます。

AdobeCCが気になるカメ

YouTuberになりたいよ♪
対応OS macOS、windows

Adobe公式 ▶︎

After Effects(アフターエフェクツ)

After Effects(アフターエフェクツ)

画像出典:Adobe

After Effects(アフターエフェクツ)は、映像表現の可能性を広げるモーショングラフィックス・VFXの業界標準ツールです。

POINT
  • 映画のようなタイトル・イントロ作成
  • ロゴ・キャラクターのアニメーション化
  • 3D空間を動かせる

より本格的な動画などを制作することができますね。

タイムラインを使って、イラレで作ったオブジェクトなどを動かし、アニメーション化などもできるので楽しいです。

after effects(アフターエフェクツ) 【After Effects】アフターエフェクツでできることを楽しもう【Adobe】

動画編集で副業や仕事をしていきたい方には、動画編集の仕事として高いスキルや副業案件を受講できるMOOCRES(ムークリ)などのスクールもありますね。

オフライン教室だけじゃなくオンラインだけで完結できるので高いスキルを身につけで仕事をしたい方にオススメです。

moocresで動画編集の副業 【ムークリ】副業で動画編集ができるMOOCRES【スクール】

対応OS macOS、windows

Adobe公式 ▶︎

Premiere Rush(プレミアラッシュ)

Premiere Rush

画像出典:Adobe

Premiere Rush(プレミアラッシュ)は、ビデオ編集アプリになります。

POINT
  • 映像制作とオンライン共有が可能
  • スマホ対応なので外出先で制作・編集できる
  • PC = タブレット = スマホ同期できる

モバイル版対応なので、外出先で高品質ビデオを撮影、編集、SNS共有など一連の作業をスマホ完結できます。

YouTube・Instagram・Facebook・TikTokなどに直接公開できる機能もあり便利ですね。

タイムライン上でクリップをカットしたり、トランジションでクリップ間を自然に繋いだり、テンプレートを使ってタイトルなどの装飾や、BGMを追加し簡単にレンダリング(書き出し)することができます。

Premiere Proの「簡易版」みたいな感じです。

なのでできることは限られますが、スマホで動画を並べて気軽に編集できるのが最大のメリットです。

プレミアラッシュはスマホで簡単なショート動画などの編集をしたい方にオススメです。

対応OS macOS、windows、iOS、Android対応

Adobe公式 ▶︎

Media Encoder

Media Encoder

画像出典:Adobe

Media Encoderは、すべての画面で再生可能なビデオファイルを素早く出力してくれます。

After Effectsと連携してGIFなども書き出しできるのが便利です。

POINT
  • Premiere・After Effectsなどと連携
  • さまざまなアプリ間で一貫性のあるメディア処理

Adobe公式 ▶︎

Adobe XD(アドビエックスディ)

Adobe XD(アドビエックスディ)

画像出典:Adobe

Adobe XD(エックスディ)は、WebサイトやアプリのUI / UXデザインを作ることができます。

Web制作だとデザインカンプを作ることができますね。

POINT
  • Webデザイン
  • ワイヤーフレーム作成
  • リピートグリッドが便利

ワイヤーフレームなどを直感的に作ることができ、プロトタイプとして画面遷移設定し動かすことができます。

アートボードの種類も豊富で自分のスマホに接続して表示確認もできますね。

Photoshopと比べるとアプリがサクサクと軽いので使いやすいです。

Adobe xdアートボードのタイトル画像 【無料版有り】ADOBE XDの便利なアートボード【ワイヤーフレーム】

Adobe公式 ▶︎

InDesign(インデザイン)

InDesign(インデザイン)

画像出典:Adobe

InDesign(インデザイン)は、高品質なページレイアウト、文字組版を実現するDTP用のデザインツールです。

POINT
  • 便利なページ管理機能で高品質なレイアウトを作成
  • チームで共同作業できる
  • 本、デジタルマガジン、電子書籍、ポスター、PDFなどを制作

Adobe公式 ▶︎

InCopy(インコピー)

Adobe InCopy

画像出典:Adobe

Adobe InCopyは、デザイナーがInDesignを使用して同時作業している間も、コピーライターと編集者が同じドキュメントに上書きされることなく共同作業、修正することができるDTPソフトになります。

POINT
  • 文章作成など共同編集できる
  • InDesignとリンク

デザイナーやライターが共同作業をすることができます。

Adobe公式 ▶︎

Animate

Adobe Animate

画像出典:Adobe

Adobe Animateは、Webやゲームなどにインタラクティブなアニメーションをデザインしたり、アニメーションの落書き・アバターを作成することができます。

POINT
  • ゲームを制作
  • 生き生きしたキャラクターの作成

さまざまなプラットフォームに配信することができます。

Adobe公式 ▶︎

Character Animator

Character Animator

画像出典:Adobe

Character Animatorは、リアルタイムでアニメーションを制作することができます。

POINT
  • 自分の顔の表情・身体の動きをリアルタイムでキャラクターに反映させアニメーション化
  • Webカメラとマイクを使用しAdobe SenseiのAI技術を利用

使いこなせるようになればとてもクリエイティブで楽しいアプリです。

Adobe公式 ▶︎

Dreamweaver(ドリームウィーバー)

Dreamweaver(ドリームウィーバー)

画像出典:Adobe

Dreamweaver(ドリームウィーバー)は、Webサイトのコーディングを素早くすることができるソフトです。

POINT
  • レスポンシブ(さまざまなブラウザ・デバイスに対応)制作
  • コードヒントが表示

レスポンシブサイトを素早く作成することができます。

Adobe公式 ▶︎

Dimension(ディメンション)

Adobe Dimension

画像出典:Adobe

Adobe Dimensionは、3Dのコンテンツをモデル、素材、ライトを使用して作成することができます。

POINT
  • 製品モックアップなどの作品を簡単制作
  • 2Dのグラフィック・画像を3Dデータに最適化できる

3Dモックアップなどを簡単に作ることができます。

Adobe公式 ▶︎

Audition(オーディション)

Audition(オーディション)

画像出典:Adobe

Audition(オーディション)は、簡単に誰でもマルチトラックオーディオ編集、ノイズ除去やマスタリングすることができるデジタルオーディオ編集ツールです。

POINT
  • オーディオコンテンツ作成
  • ポッドキャストの作成
  • 業界最高水準のノイズ除去

サウンドエフェクト作成、ミキシング、デザインなどすることができます。

Adobe公式 ▶︎

Bridge(ブリッジ)

Adobe Bridge

画像出典:Adobe

Adobe Bridgeは、クリエイティブプロジェクトで使用するファイル、アセットを一元管理することができます。

POINT
  • ライブラリを利用した共同管理
  • Adobe Stockへの公開もBridgeからできる

Adobe公式 ▶︎

Aero(エアロ)

Aero

画像出典:Adobe

Adobe Aeroは、インタラクティブでAR(拡張現実)体験を直感的な操作で制作できます。

POINT
  • どこでもARを実現できる
  • 2D画像などを取り込める

Adobe公式 ▶︎

Adobe Scan

Adobe Scan

画像出典:Adobe

Adobe Scanは、紙をデジタルに変更することができるPDFスキャンアプリになります。

POINT
  • メモ・文書・レシートなどをスキャンしてPDF作成
  • JPEG形式にも保存できる
  • Adobe Senseiを利用したスキャン

Adobe公式 ▶︎

Fill & Sign

Fill& Sign

画像出典:Adobe

Adobe Fill & Sign は、モバイルアプリであらゆるフォームに入力して署名することができます。

POINT
  • スマートフォンで撮ったフォーム画像なども、電子署名、イニシャルを簡単入力できる
  • 紙がなくてもブラウザ上でも署名できる

Adobe公式 ▶︎

Capture

Adobe Capture

画像出典:Adobe

Adobe Captureは、スマートフォンで撮影した写真を、ベクターコンバーターを使いパターン、フォント、カラーテーマなどさまざまなクリエイティブな素材に変換することができます。

POINT
  • 気に入った文字の類似フォントの候補が表示される
  • 手書きなどの画像をベクターシェイプに変換
  • AdobeCCアプリと連携して使用できる

日頃身近なものやオシャレだと思うフォントなど、自分が気に入ったものをたくさん撮影したくなりますね。

使っていて楽しいアプリです。

対応OS iOS・Android

Adobe公式 ▶︎

Acrobat Reader

Acrobat Reader

画像出典:Adobe

Adobe Acrobat Readerは、PDFの表示、署名、共同作業、注釈の追加ができる無料ソフトウェアです。

POINT
  • Excel・Wordなどのファイル形式に変換可能
  • PDFの表示・署名

Adobe公式 ▶︎

Acrobat Pro

Acrobat Pro DC

画像出典:Adobe

Acrobat Pro DCは、PDFに必要なすべての機能を搭載していてどこからでも編集することができます。

POINT
  • PDFの作成
  • PDFの変換
  • PDFの編集
  • PDFの共有
  • PDFに署名

さまざまなデバイスで使うことができますね。

直接アウトライン化されていないテキストや画像を編集できて、追加でテキストを入れることもできます。

Adobe公式 ▶︎

Adobe Express(エクスプレス)

Adobe Express

画像出典:Adobe

Adobe Expressは、簡単にコンテンツをデザインすることができるツールです。

各SNS用・YouTube用などのテンプレートが豊富初めてデザインをする方に使いやすいアプリです。

動画をGIFに変換したりすることもできます。

無料プラン・有料のプレミアムプランがありそれぞれ機能や制限に違いがあります。

POINT
  • 簡単にロゴ・チラシ作成
  • 豊富なテンプレート活用
  • SNS用のリールなどの動画作成・サムネイル作成
  • AI技術を利用しテキストから画像生成

生成AI(テキストから画像作成・テキスト効果等)をモバイル版でも使えるようになったのでより便利になりましたね。

Adobe ExpressでAI生成 【画像・効果】Adobe ExpressでテキストからAI生成【Firefly】

Adobe公式 ▶︎

Adobe Firefly(ファイヤーフライ)

Adobe firefly

画像出典:Adobe

Adobe Fireflyは、生成AI技術を使用してさまざまコンテンツを作成できます。

POINT
  • 生成塗りつぶし
  • 生成再配色
  • テキストから画像作成
  • テキスト効果

プロンプトを入力(文字で指示)するだけで画像などが出来上がります。

2023/9/23〜(米・現地時間)にて日本で商用利用可能になりましたね。

生成回数の生成クレジット(プランや時期(2023/11/1〜)による)を必要としますが、AI技術を使った新しいコンテンツを生み出すのに商用利用可能なので安心して使えそうです。

生成クレジットは大体1回1クレジット(2023/11現在)で、Adobe CCコンプリートプランは生成クレジットを毎月1,000クレジットも使えるので安心です。

AdobefireflyでAI生成する方法 【生成AI機能】Adobe FireflyのWeb版でAI生成する方法【Adobe】

Adobe公式 ▶︎

すぐに使える便利な画像・フォント素材

Adobe CCの製品構成ではないのですが、AdobeStockは画像などの素材サイトでAdobeCCと連動してすぐに使えるのでとても便利ですね。

Adobe Stock(アドビストック)

AdobeStock(アドビストック)

画像出典:Adobe

AdobeStock(アドビストック)は、4億点以上のロイヤリティフリー素材の画像素材サイトです。

adobestockのタイトル画像 【アドビストック】Adobe Stockで画像素材などを使う方法【無料素材もあり】

写真だけじゃなくイラスト・ベクター画像・動画・オーディオなどが幅広くあります。

無料素材もありますが、より高品質な有償版も1ヶ月無料体験期間中に10点使用することができます。

クリエイティブな作業に普段から使えますし、いざという時にも頼もしいロイヤリティフリー素材の宝庫ですね。

AdobeCCが気になるカメ

高品質な画像・動画・BGMとかがたくさんあって良いね♪

Adobe公式 ▶︎

フォントを幅広く使えるAdobe Fonts

adobefontsイメージ

画像出典:Adobe

Adobe Fontsは20,000以上の種類があるフォントサービスで商用利用可能です。

AdobeCCユーザーなら無料で全て使用できるので使いたいサービスですね。

随時アップデート時に良い感じのフォントが追加されていくので楽しいです。

Adobe FontsについてはAdobeフォントについての記事を参考にしてみてください。

まとめ:AdobeCCでクリエイティブで便利な体験をしよう!

今回は、アドビのAdobe CCでできること・アプリ一覧などをご紹介してきました。

Adobe CC製品をすべて使うことはなかなかないかもしれませんが、とても便利で本格的に役立つ機能ばかりなので、何ができるのか覚えておくと使い道があります。

アドビのアプリ間の連携がスムーズにでき互換性があるので使いやすいですね。

単品をチョイスしても良いですが、Adobe CCのコンプリートプランがあると使いやすいです。

AdobeCCコンプリートプランをお得に使う方法はAdobe CCを安く買う5つの方法の記事を参考にしてみてください。

Adobe CCを安く使う方法 Adobe CCコンプリートプランを安く使う5つの方法【Creative Cloud】

ぜひ、それぞれAdobeのアプリでできることなどを参考にしていただき、AdobeCCでクリエイティブで便利な体験をして楽しんでみてください。

少しでも参考になりましたら幸いです。

Adobe公式 ▶︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です